井門泌尿器科医院

男性更年期、ED、前立腺、膀胱、女性の避妊、生活習慣病などでお悩みの方は井門泌尿器科医院にご相談ください。

 

  • ホーム
  • 院長挨拶・経歴
  • 院内の様子・広域地図
  • 診察案内
  • 主な診療疾患
  • 疾患Q&A

泌尿器科というと腎臓、膀胱、前立腺などの臓器を取り扱っていることはだれでもご存じのことです。
実は泌尿器科は、頭から足まで全臓器を扱っております。

 
EDのお話 前立腺のお話

 

不老長寿の薬はあるか PSAのお話

 

過活動性膀胱 生活習慣病

 

頻尿 間質性膀胱炎

 

男性の更年期障害について

男を、取り戻したい!

更年期障害は女性だけでなく、男性ホルモン低下による症状が男性にも見られるがその程度は個人差がある。
最近はLOH症候群ともいわれ、日本には100万人以上の患者さんがいるといわれている。男性は、女性のように性ホルモンの急激な低下があるわけではないので診断は慎重にすすめられる。
この男性ホルモンの分泌の第一歩は脳(視床下部)から始まり、精巣から分泌されると性器、筋肉、脳などの標的器官の機能を維持する。(図1

症状について詳しくはこちら
更年期障害図1

 

ご質問と回答

診察疾患について

当医院で診る臓器は、最初に述べているように頭から足先までですが、主なる臓器は心臓、腎臓、肝臓、膵臓、副腎、膀胱、前立腺、子宮、精巣、陰茎などです。

保険内治療

保険外治療

詳しくはこちら

 

※男性更年期、ED、ブツブツの除去、婦人科疾患(性病、避妊)などの保険外治療の初診につきましては電話予約可(午後の診察時間帯に)
※保険外診療の初診はできるだけ電話予約してください(午後の診察時間帯に)

※保険適用の疾患につきましては診察の際にご案内させていただきます。

こんな症状で悩んでいませんか?

症状

ペニス(陰茎)の病気

包茎 包皮が亀頭を覆っていること。第二次性徴までは、日本人は亀頭が包皮で覆われいる方が多い。 思春期をすぎても勃起時に亀頭が露出しない際には包茎の手術が必要です。→包茎手術について >>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る 亀頭包皮炎 亀頭、包皮に...続きを見る

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

症状

尿道留置カテーテルのトラブル

尿道にカテーテルが留置されているために、痛み、血尿、カテーテルの横からの尿漏れ、管のつまりなど、カテーテルに関するトラブルで困っている方。あらかじめ、電話で診察の予約をしてください。 尿道留置カテーテルをやめたいが 現在はカテーテルをいれておく必要性がないにもかかわらず、...続きを見る

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

症状

排尿に問題がある。

1)突然トイレに行きたくなる(過活動性膀胱) 2)トイレに間に合わない(過活動性膀胱、尿失禁) 3)(重い物を持ったり、咳などで、運動時に)尿が漏れる(尿失禁) 4)頻回にトイレに行く(過活動性膀胱、頻尿) 5)夜、頻回にトイレへ(過活動性膀胱、頻尿、前立腺肥大症、糖尿病...続きを見る

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

症状

PSAが高いと言われた。

PSAが正常値より高いというのは、前述したように前立腺に何か異常があるということです。 前立腺が“何かあるよ”と訴えているのです。前立腺癌だけが上昇するのではないです。 癌だけで上昇するのであれば針生検は必要なく、診断は容易です。 PSA値、4~10ng/mの範囲をグレイゾ...続きを見る

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

 

ページ先頭へ