井門泌尿器科医院

男性更年期、ED、前立腺、膀胱、女性の避妊、生活習慣病などでお悩みの方は井門泌尿器科医院にご相談ください。

 

  • ホーム
  • 院長挨拶・経歴
  • 院内の様子・広域地図
  • 診察案内
  • 主な診療疾患
  • 疾患Q&A
よくある疾患
 
症状

ペニス(陰茎)の病気

包茎

包茎包皮が亀頭を覆っていること。第二次性徴までは、日本人は亀頭が包皮で覆われいる方が多い。
思春期をすぎても勃起時に亀頭が露出しない際には包茎の手術が必要です。→包茎手術について

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

亀頭包皮炎

亀頭包皮炎症状1亀頭包皮炎症状1亀頭、包皮に皮膚炎が起こり、発赤、腫脹、痛みがみられる。包茎の方に生じやすい。

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

陥頓包茎

陥頓包茎症状亀頭を覆っている包皮が反転露出した後に戻らなくなって、エリマキトカゲ状に浮腫んだ状態。
用手整復後に包茎手術がいる。

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

尖圭コンディローマ

尖圭コンディローマ※クリックすると拡大します。ウイルスによる1mm大からペニス全域までの、カリフラワー状の疣状隆起。性病です。
液体窒素による冷凍凝固、電気凝固、レーザー治療、軟膏治療がおこなわれる。

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

小さなブツブツ(亀頭のイボイボ)

小さなブツブツ(亀頭のイボイボ)※クリックすると拡大します。タイソン腺腫、真珠様小丘疹といわれる。多くの成人男性にみられる。陰茎の皮膚病変で、性病ではない。
気になるようならば、電気凝固で除去する。初診時の話、血液検査で1万円。
手術、投薬で3万円。初診は電話予約されることを勧めます。
→小さなブツブツ(亀頭のイボイボ)へ

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

陰部ヘルペス(ペニスに口内炎!)

陰部ヘルペス症状※クリックすると拡大します。亀頭などに口内炎の似た水泡性病変ができ、ヒリヒリと痛く、リンパ液などが浸み出てくる。病巣からのウイルスの検出が診断の決めて。
抗ウイルス剤の投与で改善。
Ⅱ型ウイルスは免疫能がおちた時にしばしば再発するのが特徴である。性病です。

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

 

症状

尿道留置カテーテルのトラブル

尿道にカテーテルが留置されているために、痛み、血尿、カテーテルの横からの尿漏れ、管のつまりなど、カテーテルに関するトラブルで困っている方。あらかじめ、電話で診察の予約をしてください。

尿道留置カテーテルをやめたいが

現在はカテーテルをいれておく必要性がないにもかかわらず、留置されている方もおられます。膀胱、前立腺の状態を観察して、どのような方法でカテーテルから脱却できるかを探ります。

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

 

症状

排尿に問題がある。

1)突然トイレに行きたくなる(過活動性膀胱
2)トイレに間に合わない(過活動性膀胱尿失禁
3)(重い物を持ったり、咳などで、運動時に)尿が漏れる(尿失禁
4)頻回にトイレに行く(過活動性膀胱頻尿
5)夜、頻回にトイレへ(過活動性膀胱頻尿前立腺肥大症糖尿病
6)尿が赤い、濁っている
7)尿が臭い
8)尿が出ない
9)尿が出にくい
10)尿を出す時に痛い
11)パンツが汚れる

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

 

症状

PSAが高いと言われた。

PSAが正常値より高いというのは、前述したように前立腺に何か異常があるということです。
前立腺が“何かあるよ”と訴えているのです。前立腺癌だけが上昇するのではないです。
癌だけで上昇するのであれば針生検は必要なく、診断は容易です。

PSA値、4~10ng/mの範囲をグレイゾーンというが、生検で癌がみつかるのは30%くらいなので、グレイゾーンでは前立腺癌ではないことのほうが多いのです。
よって“PSA高値だと前立腺に癌があるかもしれない“。と考えていただきたい。

→PSAについてはこちら
→詳しくはこちら

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

 

症状

最近、力が入らない、ボーとしている。朝立ちがない。

最近、不眠傾向で頭がすっきりしない日があり、体重も5k増加しました。
また四肢の関節痛もあり趣味のゴルフでは飛距離が低下しております。
さらに、男性の元気印の目安である“朝立ち”が見られません。妻がテレビで男子更年期障害の特集を見て、私の症状に似ていると言ってますが男性ホルモンを測定することで判明しますか。
現在、薬はなにも服用してません。→更年期障害について

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

 

症状

巻き爪治療について

巻爪(陥入爪)

足の親指にしばしば見られる。爪には力がかかると巻こむ傾向がある。
爪が皮膚に食い込んで炎症をおこしたものを陥入爪という。
最近は手術よりもワイヤーなどによる矯正がおこなわれる。
矯正後は再発に注意をはらわねばならない。

巻爪(陥入爪)症状

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

 

症状

ED薬の効果がない

以前は効果があったのに最近は十分な勃起が得られないあるいは服用しはじめたがいい結果が得られない方がおられます。
いろんなタイプの薬があるので服用方法を変えることで改善することもあります。
現在のんでいる薬(高血圧、糖尿病、ED)のチェックが重要です。
動脈の硬化以外に、男性ホルモンが不足している場合にも十分な勃起がえられません。
→男子更年期障害についてはこちら

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

 

 

ページ先頭へ