井門泌尿器科医院

男性更年期、ED、前立腺、膀胱、女性の避妊、生活習慣病などでお悩みの方は井門泌尿器科医院にご相談ください。

 

  • ホーム
  • 院長挨拶・経歴
  • 院内の様子・広域地図
  • 診察案内
  • 主な診療疾患
  • 疾患Q&A
地域、患者さまに合わせた安全で細心な医療をめざします。
 

尿失禁

失禁とは、尿、大便を自分の意志とは関係なく出してしまうこと。ただ、脳血管性痴呆などでは感情失禁といい、泣く(涙をだす)ことをいう。

尿失禁は大きくわけて3つあるが、膀胱に尿がたまった状態で、排尿を行いいずれかに分ける必要がある。

切迫性尿失禁

尿意が切迫してから起こる尿失禁。過活動性膀胱などでもみられる。

大脳の障害による。脳血管障害、パーキンソン病などの大脳の障害がある高齢者に多い。症状は、尿意を感じるにも意図的に制止出来ずに失禁を起こす。

治療は薬物で、不随意な収縮を抑える。

溢流性尿失禁(奇異性尿失禁)

尿が膀胱に充満している時に起きる。前立腺肥大症や神経因性膀胱でみられる。

腹圧性尿失禁

中年女性にみられることが多い。くしゃみ、物を持ち上げる、運動時など腹圧がかかった際に起こる。原因は、骨盤底筋群の弛緩によるものが多い。治療は、薬物服用併用の骨盤筋のトレーニングや排尿筋の吊り上げ手術。

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

 

 

ページ先頭へ