井門泌尿器科医院

男性更年期、ED、前立腺、膀胱、女性の避妊、生活習慣病などでお悩みの方は井門泌尿器科医院にご相談ください。

 

  • ホーム
  • 院長挨拶・経歴
  • 院内の様子・広域地図
  • 診察案内
  • 主な診療疾患
  • 疾患Q&A
地域、患者さまに合わせた安全で細心な医療をめざします。
 

PSAの話

PSAは前立腺特異抗原(ぜんりつせんとくいこうげん prostate specific antigen : PSA)といわれる前立腺から分泌される特異的な糖蛋白で、タンパク質を分解する酵素の一種です。精子の運動に役だっているといわれている。

 PSAは4ng/ml以下が正常(血清中)とされているが、最近は2.5ng/ml以下とするほうが良いのではとも言われる。

 このPSAという蛋白は前立腺の腺細胞で生成されるため、細胞の活動がさかんな前立腺癌の時に上昇することが多い。
そのゆえ前立腺癌腫瘍マーカーとして使われるが、前立腺肥大症や前立腺炎でも同様に上がるので鑑別が必要である。

前立腺生検(前立腺精密検査)

 PSAが上昇し癌が疑われる際に超音波を併用して生検針で前立腺から組織を採取する。過去に生検をしたが癌が検出されなかった場合や、触診や超音波診断等で明らかな硬結がない場合などは、この生検前にMRI(核磁気共鳴画像)を行い、いずれの箇所から組織を採取するかポイントを決めて行うのがよい。

PSAが高いと言われた

PSAが正常値より高いというのは、前述したように前立腺に何か異常があるということです。
前立腺が“何かあるよ”と訴えているのです。前立腺癌だけがPSAを上昇させるのではないのです。
PSA上昇は前立腺のツブヤキなのです。
癌だけで上昇するのであれば針生検は必要なく、診断は容易です。

PSA値、4~10ng/mの範囲をグレイゾーンというが、生検で癌がみつかるのは30%くらいなので、グレイゾーンでは前立腺癌ではないことのほうが多いのです。
よって“PSA高値だと前立腺に癌があるかもしれない“。と考えていただきたい。

75歳以上のグレイゾーンでは経過観察が多いが、MRI等で癌が強く疑われる場合は針生検を行うことがある。
針生検を施行するか否かを十分に検討すべきである。

 

>>井門泌尿器科クリニックトップへ戻る

 

 

ページ先頭へ