糖尿病の2013年熊本宣言

糖尿病は、放置すると、腎臓・神経などに細小血管合併症を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化症も進行させます。
日本糖尿病学会が、合併症予防のために、糖尿病患者の血糖管理目標値をHbA1c 7%未満として糖尿病の合併症で悩む人々を減らすということを、2013年に熊本で宣言した。

コメントは受け付けていません。