医院について

地域に密着した医療を目指しております。

はじめに

井門泌尿器科医院 院長
井門 愼介

当医院は、地域、患者さまに合わせた医療を実践するために、安全を優先し最新の医療を目指します。まずは患者さんに丁寧に優しく接し、病気になっても安心してかかれる診療所となります。
泌尿器科というと腎臓、膀胱、前立腺などの臓器をとりあつかっていることはご存じと思います。
たとえば、昼に尿をいっぱい作り夜は濃縮した尿を少し作るという機構は脳にあります。
また精巣でつくられる男性ホルモンも脳で管理されてます。
一方、心臓、血圧、糖尿がコントロールされてないと排尿に異常をきたします。
また、足が象の足のように太くなる象皮病は、尿管があるおなかの壁の後に原因があります。
このように泌尿器科は、頭から足まで全臓器を診察しております。

院長プロフィール

学歴
昭和49年信州大学 医学部 卒業
学位
医学博士(信州大学)
職歴
昭和49年より信州大学 医学部 勤務 信州大学医学部病院外来医長(泌尿器科)
平成4年井門泌尿器科医院開業
認定専門医
日本泌尿器科学会専門医
日本病理学会認定病理医

院内の様子

コメントは受け付けていません。