糖尿病

膵臓で作られるインスリンの作用が足りなくなって、慢性的な高血糖状態を主徴とする代謝疾患である。

血糖値が高くなると、口渇・多飲・多尿という典型的症状がでてくる。
病気が進行すると腎臓機能の低下、神経障害(手足のしびれ、排尿困難、便秘、立ちくらみ、勃起不全など)が問題となる。

糖尿病で神経障害が進行すると、痛みなどの症状を感じなくなることが怖い。治療は、食事療法運動療法薬物療法(経口薬、注射薬)である。

診断

診断には、血糖値HbA1c(グリコヘモグロビン)を測定しておこなわれ、糖尿病型、境界型、正常型にわけられる。その初期の自覚症状は乏しいとよく言われている。

コメントは受け付けていません。