頻尿

「尿が近い、尿の回数が多い」という症状を頻尿といいます。一般的には、朝起きてから就寝までの排尿回数が8回以上の場合を頻尿といいます。
しかし、1日の排尿回数は人によって様々ですので、一概に1日に何回以上の排尿回数が異常とはいえず、8回以下の排尿回数でも、自身で排尿回数が多いと感じる場合には頻尿といえます(日本泌尿器科学会のホームページより)。

頻尿の原因は様々ですが、過活動膀胱、残尿、尿路感染(膀胱炎、前立腺炎、尿道炎)、膀胱がん、尿路結石、多尿(尿量が多いこと)、心因性などに分けることができます。
膀胱そのものに注目が行きますが、腰部脊髄疾患、糖尿病や直腸手術などによる膀胱筋の神経障害からの残尿発生は重要です。
また心臓疾患や糖尿病などの内分泌疾患、水分の多量摂取、薬剤(利尿剤)による尿量増加が頻尿の原因となっていることも多いです。
心因性頻尿は、膀胱や尿道には病気もなく、また尿量も問題ないにも関わらず、トイレのことが気になって何回もトイレに行ってしまう状態です。
学校のいじめでは頻尿や尿失禁が心因性としてみられます。頻尿の診察に際して、尿量チェックが必要になることがあります。数日にわたり、排尿時間、排尿量を記録してもらいます。

普通の細菌性膀胱炎での頻尿は当然の結果ですが、実は抗生剤の効かない(細菌性でない)間質性膀胱炎でも頻尿がしばしば見られ診断がつかないことがあります。

コメントは受け付けていません。