痛風(高尿酸血症)

尿酸は内臓(レバーなど)や魚卵などのタンパク食材や、干物などに多く含まれているプリン体の最終代謝産物で腎臓から排出されます。
尿酸の大部分は体内にあるプリン体の代謝から形成され食物由来のものよりはるかに多い(だからビールは少量ならばのんでもいいのです)。
尿酸が高いと、足の痛風発作や尿管結石発作を連想いたしますが、注意しなければいけないのは、働き盛りにこの発作が起きた時です。
高尿酸血症が持続すると、腎臓の機能低下、高血圧、動脈硬化、糖尿病をしらない間に合併していることがしばしばあることです。
尿路結石の既往がある方は、一度チェックを受けてください。
また、痛風の薬には2種類(生成抑制型と腎排泄型)があり、腎排泄型の薬を投与されている方は結石チェックがかかせません。

コメントは受け付けていません。