生活習慣病

生活習慣病とは、厚生労働省のページによると“食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群”で、糖尿病、脳卒中、心臓病、脂質異常症、高血圧、肥満等である。食事、運動、睡眠、喫煙、飲酒などについて悪い習慣があると、生活習慣病がおこります。

食事でおこるものとしては、肥満、糖尿病、大腸癌、高血圧症痛風(高尿酸血病)、脳卒中、尿路結石などが代表的です。食事以外の習慣によるものでは各種のガン、慢性気管支炎、アルコール依存症、などです。また不眠やストレス習慣によるものとしては、うつ病、自殺、心筋梗塞なども見逃せません。よって、頻尿、排尿困難、勃起不全なども生活習慣病に起因することが多い。このため厚生労働省は、生活習慣病の対策として食生活の改善、禁煙、運動などの目標値を定め実行を推進している。生活習慣病の予防は、栄養バランスのとれた食事を規則正しく食べる。睡眠を十分にとって、スポーツを定期的に行い、禁煙を心がけるなどが重要である。

生活習慣病を知ろう!

皆さんは「生活習慣病」という言葉を聞いたことがありますか? 生活習慣病とは、毎日の食事や飲酒、喫煙、睡眠など、日々の生活習慣の影響で引き起こされる病気のことです。 日本人の死因では、3分の2近くの方が、生活習慣病で亡くなっていると言われています。

コメントは受け付けていません。