尿道炎

代表的な性行為感染症である。尿道口から膿がでる状態です。

尿道口から濃い膿が多量に出て強い排尿痛を認める場合は淋菌による尿道炎(淋菌性尿道炎)と、尿道口からやや水っぽい薄い膿が少量出て、排尿痛が軽い場合は淋菌以外の病原菌による尿道炎(非淋菌性尿道炎)があり、その約半数はクラミジアが原因です。

尿道炎は、普通の膣性交の他、オーラルセックスでも起こることが少なくありません。その場合セックスパートナーの咽頭にこれらの病原菌が潜んでいると考えられます。(泌尿器科学会ホームページから

コメントは受け付けていません。